取手グリーンスポーツセンター

スタッフブログ

2022-08-14:マスクをしてトレーニングをすることの効果(メリット・デメリット)について

こんにちは!丹羽です。

毎日暑い日が続いています。そして新型コロナウィルスの感染拡大が中々おさまりません。未だに感染拡大防止のためにマスクは手放せないものとなっており、トレーニングの現場でもマスクをすることは感染防止につながるため、マスク着用をお願いしています。

但し、いつまでもネガティブな事ばかり言っても仕方ないので、マスクをしてトレーニングをすることで何か良い効果が得られないのか調べてみました。

 

どうもメリットデメリットがあるようです。

メリットとして、マスクを着用すること事で吸い込める空気の量が少なくなり、より多くの空気を吸い込もうとするため、呼吸器系の効率化が高まり、持久力アップ、心肺機能の向上が期待できそうです。

 

その反面、デメリットとして熱中症の危険性、呼吸が妨げられることによる心肺への負担の増加、運動パフォーマンスの低下などのリスクも伴います。無理をせずトレーニング強度を高くしすぎないよう注意が必要です。

また、マスクを着用すると汗をかく量が多くなり、特にこの夏の暑い季節は熱中症対策のために常に水分補給をするように心掛けると良いでしょう。

 

それぞれメリットデメリットはありますが、以前のようにマスクなしでトレーニングできる環境が早く戻ることを願っています。

<一覧へ戻る>